カキトカザイ:サブスクリプションサービスの展開

概要

カキトカザイについて

「いけばな」を自宅やオフィスで気軽に体験できるサービス。
毎月、季節の花材が届く「カキトカザイ / 定期便」と、オフィス・店舗の開業祝い、昇給・昇進祝い、新築祝いなどで、胡蝶蘭や観葉植物の代わりに贈ることができる「カキトカザイ / 贈り花」の2種類の形で展開中。

ご支援内容

  • ビジネスプランの策定
  • Shopifyサイトの構築&運用
  • ShopifyAppの利用

ご支援前の課題

華道家 辻 雄貴氏が代表を務める株式会社 辻空間研究所の新規事業として展開されていたカキトカザイ。2018年3月に「贈り花」といういけばな創作ギフトのサービスを開始し、その立ち上げ時からShopifyを利用しECサイトを立ち上げられていました。

ただ、そのECサイトを運用する担当者さまは1人かつ兼務。Shopifyの細かい仕様を把握できず、お客様にとっても購入しづらいサイトになってしまっていました。そうしたなかで、毎月季節の花材が届く「定期便」というサブスクリプションサービスの開始も決定。どのように展開していくべきか、という状況の中でand.dにご相談いただきました。

ご支援にあたり -プロジェクトの整理

まずand.dが行ったのはサービスの整理です。今回2種類のサービスが同一サイト内に展開されるようになることを受け、どのようにサイトに配置するべきなのか。プロジェクトの全体像を整理しながらデザインに落とし込んでいきました。

定期配送用のAppを構築

Shopifyはカスタマイズ性が高く、アプリの開発を通じて担当者さまが少なくとも業務に合わせて運用コストを下げることができることが魅力の1つです。
今回のプロジェクトにおいても担当者さまの業務負担をなくすべく「サイトのデザイン」に加え「アプリの開発・提供」を行わせていただきました。

定期配送サービスを展開する上で課題となったのは「過去どういう取引だったのか」、「配送タイミングを自由度高く変えれるようにしておきたい」といったお客様へのサービス品質をいかにして高めるか、という点です。
そこでand.dでは定期サービスにあわせたマイページを作れるようにアプリ設計を行いました。
本アプリによって
・次回の配送タイミング
・申込状況
・注文履歴
といった情報をお客様自身が把握できるようになりました。

マイページのイメージ

今後の展開

2019年9月に提供を開始した定期便も徐々にお客様が増えてきており、サービスへのご評価をいただいています。今後はいかにしてもっと多くのお客様に認知いただき、サービスの魅力を広げていくマーケティングの活動にも取り組んでいきます。